スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうなるの?シネコン業界。角川シネプレックス→ユナイテッドシネマへ譲渡

ケロロ軍曹の抱っこちゃん人形(宣材)で
テンション上がっていた元映画館マネージャーです。
こんにちは。

さて、このニュース↓とても驚きました。
(http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130228/ent13022815340009-n1.htm)
20130228MSN産経ニュース

昨年末にイオンリテールがワーナー・マイカルの完全子会社化を発表したばかりですし↓
(http://www.nikkei.com/markets/kigyo/ma.aspx?g=DGXNASDD190G6_19122012TJ2000)
20121219日本経済新聞

現在のユナイテッド・シネマ<21>と
譲渡される角川シネプレックス<12>+梅田ガーデンシネマの劇場数を足すと<34>になります。

MOVIX+松竹MT系<26>を抜いて、業界3位の規模になるわけですが、
ワーナー・マイカル<61>、TOHOシネマズ<59>の二大勢力とはまだ差がありますね。

ちなみに、ワーナー・マイカルの親会社にあたるイオンといえば、
グループ企業にイオンシネマ<13>もあります。

ワーナー・マイカルと単純に合算すると<74>の劇場を
イオングループが構えるということになります。

なんか、スゴイ。

気になる点としては、ブランド名(事業名?)はどうなるのってお話ですが、
今のところ消滅する気配はなさそうです(http://www.nikkei.com/markets/kigyo/ma.aspx?g=DGXNASDD280NO_28022013TJ3000
20130228日本経済新聞

各シネコンとも独自のサービスデーやポイントカード、決済システムがありますし、
お客様への影響・負担を考えれば、すぐに統合ということは考えにくい。
とはいえ、将来的にはどうなるのかなぁ。

ジャーマネ的には、ケロロ軍曹がUCの侵略を企むとか、
オモシロオカシイ感じの演出でもあれば、それはそれで楽しいかも?と
勝手に想像してみたり・・・

中規模チェーンのシネコンとしては、

109シネマズ<17>
T・JOY<16>
コロナシネマワールド<14>
シネマサンシャイン<13>
 ※シネマサンシャイン松戸:2013/1/31閉館、シネマサンシャイン岩井:休館中

もありますね。(なんか足りない?)

各事業者が共同で開発・運営する劇場もあったり、ODSへの取り組みも増えています。

エンタテインメントの場として映画館がどのような発展を遂げるのか。
はたまた、淘汰されていくのか。
気になります。

ではでは。

映画感想ログ 『アルゴ』

おめでとう!アカデミー賞度:★★★★★
映画なの?実話なの!度:★★★★★
平和ボケにガツン度:★★★★★
-------------------------------------------------------------------------------
○監督:ベン・アフレック
○脚本:クリス・テリオ
○出演:ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン
○原題:Argo
○配給:ワーナー・ブラザース
-------------------------------------------------------------------------------
第85回アカデミー賞で作品賞・脚色賞・編集賞の3部門を受賞した作品。

日本では昨年(2012年)の秋に公開されていましたが、
ようやくお目にかかることができました。

ありがたいことに都内でもまだ上映している劇場がいくつかあります。
ジャーマネはヒューマントラストシネマ渋谷さんへお邪魔してきました。

まずは、ベン・アフレック監督、
アカデミー賞受賞おめでとうございます!!

結末はわかっていても、手に汗握るスリリングな展開。
テーマの重さを感じさせない緩急つけた演出を堪能させてもらいました。

人質救出作戦なのだから“ハラドキしてナンボ”なのですが、
見せ方がとにかくウマイ。
編集賞受賞も納得です。

ちなみに、編集技師はウィリアム・ゴールデンバーグ氏
『インサイダー』『ナショナル・トレジャー』シリーズなども担当しています。

実際に事件が起こった1970年代、ジャーマネは生まれておりませんが、
現在も続く、混沌とした国際情勢を思うと平和ボケした自分の頭にガツンと響きました。

ここ日本では、普段から身の危険を感じるようなことはあまり起きません。
(最近は物騒な事件も多いよーな気もしますが)

でも、もし自分や大事な家族、友人の身に何かあったら・・・
その時自分は冷静でいられるだろうか。
その人のために、自分がしてあげられることはあるのだろうか。
(カナダ大使やサハラのその後も気になります。)

映画館からの帰り道、電車の中でそんなことをボンヤリ考えていました。

作品中、何度も「Argo fuck yourself!(アルゴ、くそ食らえ!)」という
セリフが出てきます。

行き場のない怒りや不安・不満がその言葉に込められているようで、
それは今の時代にも共通する部分があるなと感じます。

国や社会、歴史、文化の間に存在する壁に向かって
人々は何かをぶつけずにはいられない。
ぶつけられた方も返さずにはいられない。

誰も「くそ」なんか食いたくないのに。

いつかその「くそ合戦」が終わる日がくるのでしょうか。
終わらせるために、私たちはどうすればよいのでしょうか。

映画はいろいろな気づきを与えてくれます。

答えが出ないコトも多いけど、
またいろいろな映画と出会いながら考えてみたいと思います。

ではでは。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

『ダイ・ハード/ラスト・デイ』吹替版 野沢那智さんの御子息・野沢聡さんが出演!

ジョン・マクレーンの“ヒィヒィ~声”といえば、
野沢那智さんで育った元映画館マネージャーです。
こんにちは。

こちらの記事↓
声優父子『ダイ・ハード』でバトンタッチ…故・野沢那智さんの息子が吹き替え版出演!
にもありますように、
映画ファンが喜ぶとてもステキなキャスティングが組まれています。

野沢那智さんの「ホォ~リィィィ~」って声が
いまも耳の奥に残っています。

前作『ダイ・ハード4.0』では、
娘ルーシー・マクレーン(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)がメインでしたが、
今作は息子ジャック(ジェイ・コートニー)がご登場です。

野沢聡さんがどのように運の悪さを遺伝した息子を演じるのか、
ワクワクします。

ところで、『ダイ・ハード』シリーズの邦題は、
ずっと数字がついていましたが、今回は『ラスト・デイ』という作品名です。

原題も?と思って調べてみたら、以下のようでした↓
(邦題 === 原題)

ダイ・ハード === Die Hard

ダイ・ハード2 === Die Hard 2

ダイ・ハード3 === Die Hard: With a Vengeance

ダイ・ハード4.0 === Live Free or Die Hard

ダイ・ハード/ラスト・デイ === A Good Day to Die Hard

すでに「3」から違ったようですね。

そして、Wikipediaによると
今作の「A Good Day to Die Hard」とは、

死ぬにはいい日だ = It's a good day to die.

というインディアンの言葉をもじったものだそうです。

まさか!
とうとう・・・?

『ダイ・ハード/ラスト・デイ』は、2月14日(木曜日!)公開です。
みなさんは、字幕で観ますか?
吹き替えで観ますか?

ではでは。

RADIO EVA/エヴァ 福袋2013 - 再販売(抽選)分は282個だった(?)

節分にチョコ投げたら、バレンタインデーも一緒でよく・・・ない?
元映画館マネージャーです。

こんにちは。

さて、2012年のエヴァ福袋がとても良かったので、
2013年も欲しいなぁーと思いながら、
年末はRADIO EVAのサイトを日々うろうろしていました。

で、販売初日にワクワクしながら購入手続きを進めていたのですが、
残念なことに途中でエラーになってしまい・・・

やり直しもできず、即完売!
さすがです。

失意のさなか『Q』をリピートしてみたり、
宮村優子さんに「あんたバカぁ!?」って言われるのを妄想してみたり、
社内ではエヴァトークを自主規制してみたりしていたところ、

ナント!
福袋再販売のご案内が!!

RADIO EVAのスタッフさん、最高です。

抽選販売ということで1月7日から受付していました。
もちろん、応募しました。

ジャーマネの抽選番号は「0219」

当たれ―!
と念じながら、年明け早々ひいたのは、見事な大風邪です。

そして、運を使ってしまったのか、
見事落選しました。

抽選結果のページです。

発表されていた番号をカウントしたところ、
282個で、抽選番号が600チョイだったみたいなので、
倍率はおよそ2倍くらいでしょーか。

当選された方、おめでとうございます!
うらやましいなり。

福袋の発送が1月末くらいとアナウンスされていたので、
開封レポートあるかな?と探しておりましたら、
下記の方々がアップしてくれていました。

参考にさせていただきたいと思います。感謝!

RADIO EVA 2013 福袋(抽選販売分)届きました、いざ開封!!/おかめ♪ブログ さん

RADIO EVA 2013  福袋 届きました!/エヴァのある日々 さん

福袋 Part2/wawacomet*comet** さん

映画『Q』は二番館系で順次拡大公開していますし、
原宿のEVA STOREでもファンが喜びそうな(?)イベントが↓

原宿エヴァストア、2月にバレンタインフェア(カヲル&シンジ) 開催予定 3月にはホワイトデーフェアも

2013年もエヴァの話題は尽きませぬな。
ではでは。

映画感想ログ 『レ・ミゼラブル』

アン・ハサウェイが最高!度:★★★★★
ミュージカルが観たくなる度:★★★★★
ヒューさん、おめでとう度:★★★★★
-------------------------------------------------------------------------------
○監督:トム・フーパー
○脚本:クロード=ミシェル・シェーンベルク、アラン・ブーブリル、ハーバート・クレッツマー
○出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム=カーター
○原題:Les Miserables
○配給:東宝東和
-------------------------------------------------------------------------------
元旦シネマ>で観てきた『レ・ミゼラブル』。

原作は未読で、フランス革命前後の歴史にも詳しくないので、
不安だったのですが、なんとか平気でした。

驚いたのは、全編ほぼ「歌」のみの構成だったこと。
特にアン・ハサウェイ(役名:ファンテーヌ)の「夢やぶれて」には、ドキドキしっぱなし。

ミュージカルや舞台をほとんど見ない素人ですが、
純粋に彼女の歌声は「スゴイ!」なって。

ラッセル・クロウのジャベール役には賛否両論あるようですが、
個人的には、ヒュー・ジャックマンとの対峙に見応えありでした。

本編が158分と知らずに、ちょっぴり時計が気にもなってしまいましたが、
ヘレナ・ボナム=カーターがちょいちょい出てきて、楽しませてくれたのが良かったです。

あと、マリウス役のエディ・レッドメインとサッカーの本田佳祐選手が似てるなって、
勝手に脱線してしまったのは反省。

ちなみに、ヒュー・ジャックマンは昨年12月に、
米国ハリウッドの殿堂「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」入りを果たしています。
↓コメントです。

2487人目のウォーク・オブ・フェイム。ファンのみんなのおかげだよ!ありがとう!僕は多くの人に支えられて、ここまで来れた。本当にラッキーだった。ここには、今までにない良い刺激を与えてくれたトム・フーパー監督も駆けつけてくれた。今日のために朝早くに起きて来てくれたすべての仲間に感謝したい。ファンと、ここにいるみんな、本当にありがとう!
http://www.nikkei.co.jp/category/offtime/eiga/news/article.aspx?id=MMGEzv001017122012


ヒューさん、おめでとうございます!

※追記※
第70回米ゴールデングローブ賞にて、
『レ・ミゼラブル』がコメディー・ミュージカル部門で
・作品賞
・主演男優賞(ヒュー・ジャックマン)
・助演女優賞(アン・ハサウェイ)
を受賞しました。3冠!!

春は映画賞レースの楽しい季節ですね。
ではでは。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

ごあいさつ

ジャーマネ

はじめまして。
元映画館マネージャーのジャーマネです。映画は【最高最強のエンタテインメント】だと思っとります。
当ブログでは、映画作品や映画館にまつわることとか、そーでないなこともマッタリ、ザックリblogっていきます。

最新の記事
カテゴリー
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。