スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画感想ログ 『レ・ミゼラブル』

アン・ハサウェイが最高!度:★★★★★
ミュージカルが観たくなる度:★★★★★
ヒューさん、おめでとう度:★★★★★
-------------------------------------------------------------------------------
○監督:トム・フーパー
○脚本:クロード=ミシェル・シェーンベルク、アラン・ブーブリル、ハーバート・クレッツマー
○出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム=カーター
○原題:Les Miserables
○配給:東宝東和
-------------------------------------------------------------------------------
元旦シネマ>で観てきた『レ・ミゼラブル』。

原作は未読で、フランス革命前後の歴史にも詳しくないので、
不安だったのですが、なんとか平気でした。

驚いたのは、全編ほぼ「歌」のみの構成だったこと。
特にアン・ハサウェイ(役名:ファンテーヌ)の「夢やぶれて」には、ドキドキしっぱなし。

ミュージカルや舞台をほとんど見ない素人ですが、
純粋に彼女の歌声は「スゴイ!」なって。

ラッセル・クロウのジャベール役には賛否両論あるようですが、
個人的には、ヒュー・ジャックマンとの対峙に見応えありでした。

本編が158分と知らずに、ちょっぴり時計が気にもなってしまいましたが、
ヘレナ・ボナム=カーターがちょいちょい出てきて、楽しませてくれたのが良かったです。

あと、マリウス役のエディ・レッドメインとサッカーの本田佳祐選手が似てるなって、
勝手に脱線してしまったのは反省。

ちなみに、ヒュー・ジャックマンは昨年12月に、
米国ハリウッドの殿堂「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」入りを果たしています。
↓コメントです。

2487人目のウォーク・オブ・フェイム。ファンのみんなのおかげだよ!ありがとう!僕は多くの人に支えられて、ここまで来れた。本当にラッキーだった。ここには、今までにない良い刺激を与えてくれたトム・フーパー監督も駆けつけてくれた。今日のために朝早くに起きて来てくれたすべての仲間に感謝したい。ファンと、ここにいるみんな、本当にありがとう!
http://www.nikkei.co.jp/category/offtime/eiga/news/article.aspx?id=MMGEzv001017122012


ヒューさん、おめでとうございます!

※追記※
第70回米ゴールデングローブ賞にて、
『レ・ミゼラブル』がコメディー・ミュージカル部門で
・作品賞
・主演男優賞(ヒュー・ジャックマン)
・助演女優賞(アン・ハサウェイ)
を受賞しました。3冠!!

春は映画賞レースの楽しい季節ですね。
ではでは。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

ジャーマネ

はじめまして。
元映画館マネージャーのジャーマネです。映画は【最高最強のエンタテインメント】だと思っとります。
当ブログでは、映画作品や映画館にまつわることとか、そーでないなこともマッタリ、ザックリblogっていきます。

最新の記事
カテゴリー
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。