スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画感想ログ『ア-ティスト』

ジャック・ラッセル・テリアは名犬度:★★★★★
フィルムは大切に!!!度:★★★★★
寝不足で観ちゃダメ度:★★★★★
-------------------------------------------------------------------------------
○監督:ミシェル・ハザナヴィシウス
○脚本:ミシェル・ハザナヴィシウス
○出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル
○原題:The Artist
○配給:ギャガ
-------------------------------------------------------------------------------
カンヌ国際映画祭とアカデミー賞で話題の中心となった『アーティスト』。

カラーや3Dが当たり前となった今の時代に、モノクロ・サイレント映画って、心構えがムツカシイかも?
と、思っていたのですが、全然イケました。

音がない(セリフが聞こえない)分、前のめりでストーリーに入る必要がありますが、
ふだん使わない感覚をくすぐられているようで楽しいです。

また、モノクロ映画って、2色のコントラストだけで見せる分、
役者さんのオーラみたいなものを感じる気がします。

ミシェル・ハザナヴィシウス監督はインタビューで以下のようなコメントを残しています。

サイレント映画が古いと思われているのは、1920年代で製作が終わってしまったからであって、サイレント映画そのもののフォーマットは時を超えて、年齢がないと思っています。ですので、もっとモダンなサイレント映画を作れると思いますし、この映画がその例だと思っています。
※http://eiga.com/movie/57525/interview/


この作品のおかけで、ハードルは高くなっちゃったと思いますが、
次にどんなサイレント映画が誕生するのか、非常に楽しみですね。

ただ、モノクロ・サイレント映画の楽しみ方は、個人差が大きいと思っています。
自分の頭の中で要素を組み立てる必要がありますし、
耳で音楽だけ聞いてしまうと、たぶん眠くなります。
実際、コクリコクリと寝てしまっている方がチラホラいました。
(豪快なイビキも聞こえたり・・・残念。)

ところで、ジャック・ラッセル・テリアって、タレント犬向きなのでしょうか。
この作品のアギーもそうですが、
『人生はビギナーズ』で主人公オリヴァー(ユアン・マクレガー)が飼っている愛犬アーサーも
『マスク』でイプキス(ジム・キャリー)のパートナーだったマイロも、ジャック・ラッセル・テリアですよね。

わんこたち、スゴイなぁ☆

最後にひとつだけ。
「フィルムを傷付けてはいけません!」

バランバランになったら、巻き直すのドエライ大変なのですよー
ましてや、火なんて・・・絶対ダメなのです!

フィルム世代な映画関係者は全員思ったはず・・・

ではでは。

[追伸]
モノクロ・サイレント映画がもの足りなかった方は、
OSS 117 私を愛したカフェオーレ』でお楽しみください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

ジャーマネ

はじめまして。
元映画館マネージャーのジャーマネです。映画は【最高最強のエンタテインメント】だと思っとります。
当ブログでは、映画作品や映画館にまつわることとか、そーでないなこともマッタリ、ザックリblogっていきます。

最新の記事
カテゴリー
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。