スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画感想ログ 『2012』

劇場でお楽しみください度:★★★★★
ベントレーで助かりたい度:★★★★★
NASAが選んだありえない映画度:★★★★★
-------------------------------------------------------------------------------
○監督: ローランド・エメリッヒ
○脚本:ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローサー
○出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット
○原題:2012
○配給:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
-------------------------------------------------------------------------------
大地震と大噴火と大津波がドドーンってきて、世界中が大壊滅です。
コワイよぅ・・・

自然の中において、人間とその科学は無力に近く、
人類が築いてきた文明は、いとも簡単に崩れ落ちてしまいます。

いかに今の社会や暮らしが“当たり前”なものではなく、
地球のごく一部、歴史のごく一片でしかないことに、考えを巡らせたりします。

ところで、
ジョン・キューザックはとてもラッキーな出来る親父でした。
今まで『マルコヴィッチの穴』のイメージが強すぎて、
ちょっぴり彼を避けたりしたのですが(←失礼でスミマセン。)、
なんだか見直しました。イイヒトです。

リアルに世界の終末が来たときに、あんな風に助け合える器を備えたいです。

ただ、こういうパニック映画を観るといつも(無駄に)シミュレーションするのですが、
ジャーマネの場合、あんなふうに大吉を10回連続で引き当てる強運は到底持ち合わせておりませんので、
早々にアウト判定をいただくパターンだと思うのです。

だから、大統領!
ヤバイ時は、早く教えて下さい。

パニックに陥りながら、恐怖に怯えながらってのは、ご勘弁願いたいです。
せめて、お世話になった方々にお礼参りをして、
好きなモノ食べて、呑んで、映画とか見て、温泉にのーんびり浸かって、
それから最期を迎えたいなと。

ちなみに、
こちらの記事『NASAが選んだ “ありえない” ワースト7作品』で
見事に1位に選出されてしまったようですが、
個人的には、こういう大作はあまりネガティブに受け取らず、
ジェットコースターに乗る気分で楽しめればいいな、と思っています。

ではでは。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

ジャーマネ

はじめまして。
元映画館マネージャーのジャーマネです。映画は【最高最強のエンタテインメント】だと思っとります。
当ブログでは、映画作品や映画館にまつわることとか、そーでないなこともマッタリ、ザックリblogっていきます。

最新の記事
カテゴリー
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。