スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島の旅-後編- 宮島とくいだおれ

広島の旅-前編-』に続き広島旅行より、後編は宮島と広島グルメがメインです。


▼広島でグルメったお店
 ・あなごめし うえの
 ・お好み焼き 五エ門 
 ・お好み焼き へんくつや 
 ・カキ料理 かなわ 
 ・もみじ饅頭 5軒(記事内、ご参照)
 ・尾道ラーメン ひろ 

▽1日目
朝一の飛行機で羽田から広島空港へ。
朝焼けがとてもキレイだったので、雨女にしてはイイ兆し。
hirosima_haneda

宮島口へ到着後、ソッコーで穴子飯で有名な『うえの』さんへ行きました。
お昼にはまだ早かったのですが、お店の前にはすでに行列。
ジャーマネは40分待ちで席へご案内いただきました。

オススメという白焼きも一緒に注文し、初広島グルメ。
ウマシ!
hirosima_anago

待っている間に併設されている古民家?を見学していたのですが、
そこでお掃除係のおばちゃんと談話。(お仕事中なのにアリガトウゴザイマシタ。)
「お弁当もおいしいのよー」と教えていただいたので、
次回はそちらをターゲットにしたいと思います。

腹ごしらえもすんだところで宮島行きのフェリーへ乗船。
日本三景の一つでもあり、世界文化遺産の厳島神社がある宮島。
紅葉シーズンとあって、フェリーや弥山へのロープウェイはかなりの混雑具合。

到着後、驚いたのは宮島がもみじ饅頭の超激戦区だったこと。
(池袋のラーメン以上かも?)

これは悩んでいる場合じゃないと、
もみじ饅頭初心者のジャーマネは観光案内している地元の方や他の土産物屋さんに
「オススメのもみじ饅頭屋さん教えてください!」
と聞き込みすることにしました。

4人に伺って、4人とも違うお店を推薦してくれたことに
もみじ饅頭の奥深さを感じながらも、4店舗をはしご↓

にしき堂
岩村
坂本
藤い屋

いずれも甲乙つけがたい美味しさです。
特に出来立てのホワホワモフモフなもみじ饅頭は感激です。

あ、帰り際に揚げもみじ(紅葉堂)も食べたので、5軒はしごです。
もみじ饅頭祭りだなぁ。

夕方くらいに潮が引きはじめたので、宮島のシンボルにもなっている大鳥居の元へ。
鳥居は神様と人間が住む世界を区別する結界であり、神域への入口や門と考えられています。

海の中に佇む姿も、ジャーマネたちを真下まで迎えてくれる姿も
威風堂々としながら、どこか優しい感じがしました。
hirosima_miyajima

ちなみに、干満の度合いや時間は毎日変わるので、
宮島観光協会のWEBサイトでチェックすることをオススメします。

今回の旅では広島市内に宿泊する予定だったので、
厳島神社→にぎり天食べ歩き→世界一の大杓子を回って、宮島を後にしました。

広島市内ではMBS放送の『ロケみつ』で稲垣早希さんが話題にしていた
路面電車の“EBA(江波)”表示にひとりニマニマしながら路面電車へ揺られつつ、
hirosima_eva
ひとまずホテルへチェックイン。

ディナーはもちろん、お好み焼きです。
ホテルの方にオススメのお店を聞いたり、グルメサイトを参考に吟味。
気になるお店がたくさんあったのですが、すでに疲れていたこともあって、
ホテルからほど近い『五エ門』さんへ。

鉄板で調理するところを拝見したかったのですが、テーブル席へ案内されたためそれは叶わず。
定番?の肉玉そばとホタテ貝バター焼きをいただきました。

じゅわ~っと。
ほほーこれが、広島風なのですねーと。
hirosima_okonomiyaki

見た目の割にやや薄味?だったのと、レビューにあるような満足感が得られず、
このまま広島Nightを終わらせるわけにはいかん!と、2軒目に探すことにしました。

お好み焼き屋さんのハシゴは人生初です。

「お好み村」まで歩き、各階をウロウロしたのですが、
すでに閉店や片付けを始めているお店が多く、なんとなく入りずらい。
というわけで、「お好み村」近くにあった『へんくつや』さんへINしました。

すぐにカウンター席へ案内してくれて、リベンジとばかりに肉玉そばをオーダー。
鉄板でチャキチャキ仕上がっていくお好み焼きを見つめながら、
期待半分、不安半分。


見た目はほぼ同じかな。

いざ!

ん?
おいしーーー!

何が違うのか上手く説明できないのですが、こちらの方がジャーマネ好みです。
1軒目と比べ、全体に一体感があるように思いました。

身も心も満足したので、トボトボ歩きながらホテルへ戻りました。
ちょー早起きと一日中歩き回って疲れ果てていたので、ローカル番組を楽しめるはずもなく就寝。

▽2日目
ホテルでリッチな朝食をいただき、サクサクと出発。
平和記念公園をじっくり、ゆっくり巡りました。

午後イチくらいでランチをすることに。
「牡蠣料理」と決めていたのですが、なかなか良さげなお店が見つからず、
市内を探索しながら行きついたのが『かなわ』さんです。
かき飯・カキフライ付きの御膳と、広島のブランド牡蠣「かき小町」をオーダー。
hirosima_kaki
贅沢三昧です。

次いで、広島城へ。
甲冑の試着体験できるコーナーやお土産コーナーでは、
日本人より欧米の観光客さんが盛り上がってました。
広島城は展示品が豊富で、武家時代はもちろん、
近代の戦争と広島の歴史もしっかり記されているので勉強になります。

ちなみに、広島城には毛利元就をイメージした「もとにゃりくん」という
カワイイゆるキャラがいます。
(ひこにゃん(彦根城)の兄弟かと思った。)

いい時間になったので、ぼちぼち広島空港へ向かいます。
お土産を物色したあと、出発予定まで時間があったので、
最後の広島グルメとして尾道ラーメンをいただきました。
細麺派のジャーマネにはちょーどよく、醤油ラーメンを久しぶりに楽しみました。

1泊2日の短い旅行でしたが、とても充実した時間でした。
今度は、春や夏の広島も観てみたいです。

ではでは。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

ジャーマネ

はじめまして。
元映画館マネージャーのジャーマネです。映画は【最高最強のエンタテインメント】だと思っとります。
当ブログでは、映画作品や映画館にまつわることとか、そーでないなこともマッタリ、ザックリblogっていきます。

最新の記事
カテゴリー
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。