スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画感想ログ『ソラニン』

宮崎あおいのキュンキュン度:★★★★★
若さゆえのがむしゃら度:★★★★★
アジカンのええ感じ度:★★★★★
------------------------------------------------
○監督:三木孝浩
○脚本:高橋泉
○原作:浅野いにお(※原作未読)
○出演:宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太
------------------------------------------------

宮崎あおいさん、歌ウマイです。
そして、カワイすぎる。
『少年メリケンサック』以来だったので、
ギャップがすごかったです。

最近の若者は~とか云われますが、
ガチンコで生きても、うまくいかなくって、
もがいて、苦しくて、
大人はすでにクタクタで、
誰も教えてくれなくて、
それでどうしようもなくなってしまうことがあるんだと思うのです。

それでも、ポッカリと穴が空いてしまったら、
何かで埋めなければ前に進めない。
“何か”は、みんなそれぞれだと思うけど、
それを見つけるまでに時間がかかる。
見つけたところで、それが答えかもわからない。

でも、その空白を埋めるために、
時間や人やモノやコトがあって、
ちょっと触ってみたり、距離をとってみたり、
それを繰り返しながら、
自分で少しずつ、
自分を作っていく。

そんな感じ(←抽象的で全然わからんですね。)に思える映画でした。
あと、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「ソラニン」はイイですね。
アルバム「マジックディスク」ごと、iPodに入れました。

マジックディスク



ではでは。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

ジャーマネ

はじめまして。
元映画館マネージャーのジャーマネです。映画は【最高最強のエンタテインメント】だと思っとります。
当ブログでは、映画作品や映画館にまつわることとか、そーでないなこともマッタリ、ザックリblogっていきます。

最新の記事
カテゴリー
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。