スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道映画祭2011 - もちろんテーマは“鉄道”?

傘を持ってでかけると、雨に降られない元映画館マネージャーです。
こんにちは。

修学旅行が台風だったくらい雨女なのですけどねぇ。

さて、今年で12回目を迎える国土交通省主催の「鉄道映画祭」。
1872年の新橋~横浜間鉄道開通を記念した10月14日が“鉄道の日”で、
これにあわせたイベントのひとつとして、国内外の鉄道を舞台とする映画を集めて上映しています。

というわけで、なんだかオモシロそうな企画に期待が高まるわけですが、
上映作品のラインナップがなんだかビミョーなのです。

今年のラインナップはコチラ↓
 『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』
 『Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!』
 『約三十の嘘』

それでも昨年(2010年)は
 『NANA』
 『サマーウォーズ』
 『スラムドッグ$ミリオネア』
という3本だったので、個人的にはツボを押されましたが、
“国内外の鉄道を舞台とする映画”という枠にハマっているんだか、いないんだか。

気になってみたので、過去の上映作品を調べてみました。

-2009年-
 『ハリー・ポッターとアズガバンの囚人』
 『花とアリス』
 『ホルテンさんのはじめての冒険』

-2008年-
 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』 
 『しゃべれども しゃべれども』
 『ワンダーランド駅で』

-2007年-
 『海が聞こえる』
 『男はつらいよ 柴又慕情』
 『ライフ・イズ・ミラクル』

-2006年-
 『ハリー・ポッターと賢者の石』
 『地下鉄(メトロ)に乗って』
 『ヨーロッパ特急』

-2005年-
 『ポーラ・エクスプレス』
 『海峡』
 『偶然』

-2004年-
 『ドラえもん のび太と銀河超特急』
 『特急にっぽん』
 『ひまわり』

-2003年-
 『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』
 『カルメン故郷に帰る』
 『少年、機関車に乗る』

-2002年-
 『銀河鉄道999』
 『塩狩峠』
 『北北西に進路を取れ』

-2001年-
 『きかんしゃトーマス 魔法の線路~劇場版~』(日本語吹替版)(2000年/アメリカ)
 『約束』
 『鉄道員』※イタリア映画

-2000年-
 『銀河鉄道の夜』
 『すずらん 少女萌の物語』
 『鉄道員(ぽっぽや)』

どうでしょうか?
ブッキングの関係もあるのだと思いますが、けっこう何でもアリですよね。

というわけで、コチラ↓の作品も検討してみてはいかがでしょうか?
 『地下鉄のザジ』
 『スタンド・バイ・ミー』
 『チューブ・テイルズ 』
 『スライディング・ドア』
 『ダージリン急行』
 『交渉人・真下正義』
 『僕達急行 A列車で行こう』
 『電車男』
 『ブロークン・アロー』
 『サブウェイ123 激突』(サブウェイ・パニック)
 『アンストッパブル』※特にデンゼル・ワシントンのファンというわけではありません。
 『スピード』
 『ミッション: 8ミニッツ』※まだ観れていませんが、オモシロそう。

アクションやクライム系はイメージ的にマイナスになるから、難しいかも?

個人的には、毎年『銀河鉄道999』や『ドラえもん』『鉄道員(ぽっぽや)』の
繰り返しでも良いと思います。
固定ファンはいるし、イベントの趣旨にもマッチするのではないかと。

国土交通省の中の人、がんばってください。

あ、JR系のCMとか流しても楽しめそうですね。
九州新幹線のCMはホント良かった。

▼九州新幹線 アドギャラリー
 http://www.shuku9.com/cm.html


ではでは。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

ジャーマネ

はじめまして。
元映画館マネージャーのジャーマネです。映画は【最高最強のエンタテインメント】だと思っとります。
当ブログでは、映画作品や映画館にまつわることとか、そーでないなこともマッタリ、ザックリblogっていきます。

最新の記事
カテゴリー
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。