スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画館で映画を観る前の準備・心得 10 【前編】

エヴァとガンダムのお勉強をするべし。お友達が100人できる(かもしれない

こんにちは。元映画館マネージャーです

劇場運営に携わっていた経験と、いち映画ファンでもある立場から「映画館の楽しみ方」を考えたりします。
日本の映画(館)人口は諸外国に比べ、まだまだ少ないです。
自宅でDVDは見るけど、1年に1回も映画館へ行かない人が大多数というのが現状です。

DVDレンタル100円で、シリーズ一気見!
なんて、ある意味デフレ時代の贅沢ですが、その一方で3Dの2,000円って・・・スタグフレーションかな。

さて、今回は 『 映画館で映画を観る前の準備・心得10 』 と題しまして、【前編】の5つをご紹介させてただきます。
ひとつでもご参考になれば幸いです。



1) チケットのご購入は事前に。

 平日はスッカスカ(と思われても仕方ない)な映画館も大作や繁忙期は満席になることもあります。
また、人気作品の場合、見やすい席は早くに押さえられてしまい、空いている席は最前列やはしっこだけ。チケット窓口に大行列ができ、上映開始に間に合わないっ! なんてことに遭遇しないようチケットの購入は余裕をもってお買い求めいただくのが最善かと思います。

 劇場によって、数日前から窓口で座席指定券を購入できたり、インターネットでの予約システムなどのサービスを導入しているところも多いので、こちらも利用すると便利で確実。
各劇場の事前購入(先売りや先行販売などとも言います。)やオンラインサービスなどについてはまた別の機会にご紹介できればと思います。

 「絶対に観たい作品」であれば、事前にチケットを確保できるような方法を調べたり、劇場へ混雑具合などを問い合わせてみましょう。



2)チケットは絶対になくさない。

チケットの紛失はとてもご厄介なことになりかねません。
 
特に座席指定の場合、自分の席がわからなくなってしまうだけではなく、「この辺りの席だったと思う」という具合で他のお客様が確保している席へ“勝手に”座ってしまう方もおり、トラブルになりかねません。
また、何らかの理由で払い戻し対応が行われるときに、手続きが行えなかったり、時間がかかってしまいます。

最低でも上映開始時まで (ホントは上映終了後までが望ましいです。) は必ず保守願います。

追伸)もし、未入場のチケットを拾ったら劇場のスタッフさんに届けてあげてください。お客様も劇場側もとてもとても助かります。



3)入場開始予定時間を確認する。

「何分前から入場できますか?」
コレは聞いておいて損はないと思います。その後の行動予定が立てやすいです。

座席指定券の場合、個人的には時間ギリギリまで入場しないことが多いタイプなのですが、ジャーマネ時代に上映開始時間の20分も30分も前からエントランス(チケットを確認したり、もぎるところ)の前でソワソワされているお客様をよくお見かけしました。
入替制の映画館では、上映終了後にお客様の退場、館内清掃、設備点検、ご入場準備などを行っていると思います。で、このインターバルの時間が映画館によって違うんですよね。

例えば、とある日の『パイレーツ・オブ・カリビアン』の上映スケジュールを映画館ごとに見比べてみると

 A)13:00~15:30⇒インターバル25分⇒15:55~18:25
 B)12:00~14:30⇒   同    30分⇒15:00~17:30
 C)12:20~14:55⇒   同    15分⇒15:10~17:45

てな感じで、インターバルにどれくらいの時間を設けているのかわかります。
つまり、Cの劇場でどんなに「早く入りたい!」と思っていても上映開始の30分前や20分前には入れません。
たぶん、コチラの劇場では5分前くらいのご入場開始ではないでしょうか。

映画館の運営手法にもよりますが、「上映開始の何分前にお客様のご入場を開始する」というだいたいの目安があるはずで、スタッフさんにお尋ねすれば、だいたい「○○分前を予定しております。」みたいに答えてくれると思います。
もちろん、その日の混雑具合や急なトラブルなんかで多少前後することはあるので、そのあたりの誤差はご容赦ください。

フライングしすぎて、劇場入る前にポップコーン食べ終わっちゃてるお子様とかいましたね。(また、買って☆)

※自由席の場合はこの限りではありません。当然、早く並んで入場した方がお好みの席に座れます。



4)グッズを見る~パンフレットの開封は要注意!~

上映開始時間までに余裕があるときは、ぜひグッズ売り場へも足を運んでみてはいかかでしょうか。
売り場の規模で品揃えもピンキリだと思いますが、作中に出てくるアイテムやキャラクターグッズが結構楽しいのです。
(夏のポケモン時期には、いろんな意味でヒィーヒィー言わされたなぁ。ホント・・・)

作品にもよりますが、「おぉ!コレは欲しい!!」グッズがあり、すぐに売り切れになるほど
売り場担当だったこともあるので、機会があれば、私が実際に気に入って購入したモノや売れ筋アイテムなどもご紹介したいと思います。

さて、劇場限定商品などはだいたいが委託商品なので、上映終了とともに業者さんへ返品処理されます。
上映期間中でしか手に入らないアイテムもあるので、チェックしてみてください。

一方で、買取商品で売れ残ってしまい、いつまでたっても劇場に居座ってしまうモノたちもいます。案外、掘り出し物が見つかるのもココです。
輸入モノのポスターなどは、担当者の好みやセンスによってハッキリしていますね。
映画館の楽しみは、こーいったところを見て回るのも乙かもしれません。

ちなみに、パンフレットをよく購入される方はご存じだと思いますが、たまーにネタバレしています。
鑑賞前にパンフレットチェックされる方は、要注意です。



5)ポップコーンとドリンクを買おう!コンボセットが楽しいです。

映画館の定番メニューといえば、ポップコーン。
少し前からスイーツブームやグルメ志向のお客様のリクエストをもとに、軽食やケーキなど豊富なメニューをご提供する映画館も増えましたが、
ディズニーリゾートと同じくらい(?)、ポップコーン人気が衰えることはないと信じています。
(1年間の消費量はドチラが多いのでしょうね?)

ソルト(塩)、キャラメル、カレー、コンポタージュ、醤油バター、ブラックペッパー、イチゴ、チョコレートなどなど定番から甘いフレーバーまで、映画館のポップコーンは実に楽しいですね。
そういえば、辛味系はあまり見かけませんねぇ。ハバネロとかムリかな・・・

個人的には、いわゆる「コンボセット」と呼ばれるメニューがオススメです。
ポップコーンとドリンクがセットになったお得メニューなのですが、その中でも公開される作品のオリジナルデザインものはぜひチェックしていただきたいです。

毎年恒例の『ドラえもん』や『ポケットモンスター』などのお子様向けはもちろん、大人も思わず欲しくなってしまうオマケなどがついたコンボセットは、テンション上がります。

例えば、
『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』 特製ハンカチ付き
とか、 
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 アスカフィギュア付き
なんていかがでしょう?
作品モノは数量限定なので、オマケ目当ての場合は映画を観ずともこのセットだけ購入するのも、アリかもしれません。

さて、ポップコーンの相方としてリクエストの多い「コーラ」ですが、映画館によってコカ・コーラとペプシの陣営に分かれてたりします。
「いつもと味違う?」と思ったら、それはメーカーの違いかもしれません。

▼参考:wikipedia
コカ・コーラが採用されている映画館
ペプシコーラが採用されている映画館

ちなみに、ジャーマネは「メロンソーダ、氷少なめで。」と頼むことが多いです。


後編】に続きます。
関連記事
スポンサーサイト
ごあいさつ

ジャーマネ

はじめまして。
元映画館マネージャーのジャーマネです。映画は【最高最強のエンタテインメント】だと思っとります。
当ブログでは、映画作品や映画館にまつわることとか、そーでないなこともマッタリ、ザックリblogっていきます。

最新の記事
カテゴリー
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。