スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25回東京国際映画祭閉幕 サクラグランプリは仏映画『もうひとりの息子』

第25回東京国際映画祭が閉幕しました。
25tiff01


そして、最終日の東京サクラグランプリを観賞してきました。

今年の受賞作品は『もうひとりの息子(原題:Le fils de l'Autre/The Other Son)』です。
昨年の『最強のふたり(原題:Intouchables)』に続き、2年連続でフランス映画が最高賞に輝きましたね。
25tiff-1

さらに、『もうひとりの息子』は、最優秀監督賞も受賞しています。
なんでも女性監督が選出されるのは、東京国際映画祭でも初めてのことだとか。

ロレーヌ・レヴィ監督、おめでとうございます!

作品の感想は、また別に記したいと思いますが、
2年連続でフランス映画を観て感じたことは、
「邦画だけでは、もったいない!」ということです。

今回のTIFFでは、外交上の問題などもあって、
開幕前に一部の作品が出品を取りやめる事態がありました。

世界各国のカルチャーが集まる映画祭などは
いろいろフラットに開催できたらいいのになぁ。

と、いち映画ファンは安易に考えてしまうわけですが、
きっと、ご関係者の方は大変ですよね・・・オツカレサマデス。

ただ純粋に
もっといろいろな国の作品、いろいろな監督の作品を知りたいな、と思うわけです。

ジャーマネの個人的な考えですが、
旅行以外に国や文化の違いを身近に感じることができるのは、
映画と料理だと思っています。

日本食は好きだけど、
イタリアン食堂もスペインバルもハンバーガーショップも行く。
中華料理もエジプト料理も美味しいです。

私たちは、味覚という感覚を通じて世界を知ることができるし、
視覚、聴覚を通じて、世界を体感できるはずです。

だから、もっと
自分以外、自国以外の人が思いを込めて作ったモノと、
自分の中にある「感覚」をつきあわせて
「コレは共感できるなぁ」とか
「そうかこんな見方もあるのか~」とか
「全然わからん!」などを感じてみたいです。

「邦画だけでは、もったいない!」

来年の東京国際映画祭も楽しみです。
ではでは。
スポンサーサイト
ごあいさつ

ジャーマネ

はじめまして。
元映画館マネージャーのジャーマネです。映画は【最高最強のエンタテインメント】だと思っとります。
当ブログでは、映画作品や映画館にまつわることとか、そーでないなこともマッタリ、ザックリblogっていきます。

最新の記事
カテゴリー
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。