スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダイ・ハード/ラスト・デイ』吹替版 野沢那智さんの御子息・野沢聡さんが出演!

ジョン・マクレーンの“ヒィヒィ~声”といえば、
野沢那智さんで育った元映画館マネージャーです。
こんにちは。

こちらの記事↓
声優父子『ダイ・ハード』でバトンタッチ…故・野沢那智さんの息子が吹き替え版出演!
にもありますように、
映画ファンが喜ぶとてもステキなキャスティングが組まれています。

野沢那智さんの「ホォ~リィィィ~」って声が
いまも耳の奥に残っています。

前作『ダイ・ハード4.0』では、
娘ルーシー・マクレーン(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)がメインでしたが、
今作は息子ジャック(ジェイ・コートニー)がご登場です。

野沢聡さんがどのように運の悪さを遺伝した息子を演じるのか、
ワクワクします。

ところで、『ダイ・ハード』シリーズの邦題は、
ずっと数字がついていましたが、今回は『ラスト・デイ』という作品名です。

原題も?と思って調べてみたら、以下のようでした↓
(邦題 === 原題)

ダイ・ハード === Die Hard

ダイ・ハード2 === Die Hard 2

ダイ・ハード3 === Die Hard: With a Vengeance

ダイ・ハード4.0 === Live Free or Die Hard

ダイ・ハード/ラスト・デイ === A Good Day to Die Hard

すでに「3」から違ったようですね。

そして、Wikipediaによると
今作の「A Good Day to Die Hard」とは、

死ぬにはいい日だ = It's a good day to die.

というインディアンの言葉をもじったものだそうです。

まさか!
とうとう・・・?

『ダイ・ハード/ラスト・デイ』は、2月14日(木曜日!)公開です。
みなさんは、字幕で観ますか?
吹き替えで観ますか?

ではでは。
スポンサーサイト

元旦シネマしてきました。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

本年1作目は、『レ・ミゼラブル』です。
人生初の<元旦シネマ>でした。

感想ログは後日に。

お天気も良く、清々しい気持ちで劇場へ。
作品への期待も高まります。

混雑具合はというと、朝イチのためかそれほどでもありません。
午後くらいから混み合うパターンかな。

ジャーマネ時代から<元旦シネマ>に興味があり、
久しぶりに年末年始をゆっくり過ごせたので、行ってみようかと。

そういえば、映画館ってクリスマスシーズンのツリーはよく見かけますが、
門松とか鏡餅のお飾りはあまりされていないように感じます。

元日から「映画の日」営業してたりするのに、なんかもったいないですね。

『レ・ミゼラブル』は、本編158分なので、
終わったのがお昼くらいでした。

そのあと、初詣へ行き、おみくじひいて(大吉!)、おせち食べて、飲んで・・・
お正月らしい贅沢な時間を過ごさせていただきました。
(実家は天国だねぇ。)

2013年が映画ファン、映画業界にとって明るく楽しい一年になりますように☆
ではでは。

検索エンジン発表 2012検索ワード「映画ランキング」

来年のカレンダーは自分の誕生日からチェックする派の元映画館マネージャーです。
こんにちは。

いよいよ今年も「納め」る時期になりましたね。

検索エンジン(Google・Yahoo!)より
2012年の検索キーワードランキングが公表されていたので、
映画関連項目をチェックしてみたいと思います。

【Google 注目の映画】

1位:踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(9/7)
2位:BRAVE HEARTS 海猿(7/13)
3位:アベンジャーズ(8/14)
4位:宇宙兄弟(5/5)
5位:プロメテウス(8/24)
6位:テルマエ・ロマエ(4/28)
7位:バイオハザードV リトリビューション(9/14)
8位:アメイジング・スパイダーマン(6/30)
9位:ダークナイト ライジング(7/28)
10位:アウトレイジ ビヨンド(10/6)

調査対象期間:2012年1月1日~11月22日 (カッコ内)は、公開日。
http://www.google.co.jp/press/zeitgeist2012/index.html
http://googlejapan.blogspot.jp/2012/12/2012-google.html



【Yahoo!エンタメ/映画ランキング】

1位:ヘルタースケルター(7/14)
2位:BRAVE HEARTS 海猿
3位:るろうに剣心(8/25)
4位:宇宙兄弟
5位:踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
6位:僕等がいた 前篇・後篇(3/17・4/21)
7位:劇場版 SPEC~天~(4/7)
8位:テルマエ・ロマエ
9位:エイトレンジャー(7/28)
10位:ダークナイト ライジング

※集計期間:2012年1月1日~2012年10月31日
http://promo.search.yahoo.co.jp/ranking/2012/entertainment.html


GoogleとYahoo!で、けっこう異なりますね。
ユーザー層の違いが現れているのかな。

個人的には、12月末までの結果でランキングも見たいです。
だって、アレが入ってないもの。

ちなみに、昨年のGoogleの検索ランキングに比べると、
夏休み前後の時期に公開された作品に集中している気がしますね。

グーグル先生のランキングを見ると、
2年連続、CX系ドラマの劇場版が1位ですね。
いずれも東宝の9月公開作品というのも、同じ。

2013年もこのパターンだったら、オモシロイ。
(『ストロベリー・ナイト』の公開は違うのか・・・)

そんなこんなで、今年も残すところあとチョット。
みなさんは、どの作品で「映画納め」しますか?

ではでは。

イギリス映画ランキング まとめ【エリザベス女王御即位60年&ロンドン五輪記念】

血圧と血糖が低めの元映画館マネージャーです。
こんにちは。

さて、ロンドン在住の友人によると、今年のイギリスは催しものがいっぱいで、街がワイワイしているそうです。
6月は、女王エリザベス2世の即位60年を祝う“ダイヤモンド・ジュビリー”という記念式典が行われ、
国民の祝日が4連休も(!)用意されているとのこと。

しかも、今は7月に開幕するロンドン五輪へむけて、聖火リレーの真っ最中。
楽しそうですねぇ。

そんなわけで、先日イギリスのHMVより発表された『この60年でベストのイギリス映画TOP60』をはじめ、
ウェブ上で集めることができた“イギリス映画ランキング”を(自分用に)まとめておきます。
※掲載分はTOP10のみです。


この60年でベストのイギリス映画TOP60 【HMV -2012/5】


[1]トレインスポッティグ/Trainspotting(1996)
[2]モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル/Monty Python & The Holy Grail(1974)
[3]ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2/Harry Potter & The Deathly Hallows: Part2(2011)
[4]ライフ・オブ・ブライアン/Life Of Brian(1979)
[5]時計じかけのオレンジ/A Clockwork Orange(1971)
[6]2001年宇宙の旅/2001:A Space Odyssey(1968)
[7]ハリー・ポッターとアズカバンの囚人/Harry Potter & The Prisoner Of Azkaban(2004)
[8]ミニミニ大作戦/The Italian Job(1969)
[9]ショーン・オブ・ザ・デッド/Shaun Of The Dead(2004)
[10]英国王のスピーチ/The King's Speech(2010)

- 参考 -
http://hmv.com/hmvweb/navigate.do?pPageID=5636
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=3992
http://www.bva.org.uk/news-press-releases/trainspotting-voted-best-british-film-past-60-years-hmv-s-national-survey-mark-d



イギリス映画ベスト100 【Empire Magazine - 2011/10】


[1]アラビアのロレンス/Lawrence Of Arabia
[2]モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン/Monty Python's Life Of Brian(1979)
[3]赤い靴/The Red Shoes(1948)
[4]赤い影/Don't Look Now(1973)
[5]遭いびき/Brief Encounter(1945)
[6]ショーン・オブ・ザ・デッド/Shaun of the Dead(2004)
[7]カインド・ハート/Kind Hearts And Coronets(1949)
[8]トレインスポッティング/Trainspotting (1996)
[9]ローカル・ヒーロー 夢に生きた男/Local Hero(1983)
[10]ウィズネイルと僕/Withnail and I(1987)

- 参考 -
http://www.ropeofsilicon.com/top-100-british-films-ever-empire-magazine/
http://www.cinematoday.jp/page/N0036441



業界人が選ぶイギリス映画ベスト100 【Time Out London -2011/2】


[1]赤い影/Don't Look Now(1973)
[2]第三の男/The Third Man (1949)
[3]遠い声、静かな暮らし/Distant Voices, Still Lives (1988)
[4]ケス/Kes (1969)
[5]赤い靴/The Red Shoes (1948)
[6]天国への階段/A Matter of Life and Death (1946)
[7]パフォーマンス/青春の罠/Performance (1970)
[8]カインド・ハート/Kind Hearts and Coronets (1949)
[9]if もしも…/If... (1968)
[10]トレインスポッティング/Trainspotting (1996)

- 参考 -
http://www.timeout.com/london/bestbritishfilms/
http://eiga.com/news/20110214/5/



最近25年間(1984~2009年)公開のイギリス映画トップ25 【The Guardian -2009/9】


[1]トレインスポッティング/Trainspotting (1996)
[2]ウイズネイルと僕/Withnail and I(1987)
[3]秘密と嘘/Secrets & Lies(1996)
[4]遠い声、静かな暮し/Distant Voices, Still Lives(1988)
[5]マイ・ビューティフル・ランドレット/My Beautiful Laundrette(1985)
[6]ニル・バイ・マウス/Nil By Mouth(1997)
[7]セクシー・ビースト/Sexy Beast(2000)
[8]ボクと空と麦畑/RATCATCHER(1999)
[9]スラムドッグ$ミリオネア/Slumdog Millionaire(2008)
[10]フォー・ウェディング/Four Weddings and a Funeral(1994)

- 参考 -
http://www.guardian.co.uk/film/gallery/2009/aug/30/best-british-films-25-years
http://eiga.com/news/20090903/19/



※番外編※イギリスの映画雑誌Total Filmが選ぶアニメ映画50 【Total Film -2011/10】


[1]トイ・ストーリー/Toy Story(1995)
[2]千と千尋の神隠/Spirited Away (2001)
[3]美女と野獣/Beauty And The Beast (1991)
[4]白雪姫/Snow White And The Seven Dwarfs (1937)
[5]AKIRA/Akira (1988)
[6]となりのトトロ/My Neighbour Totoro (1988)
[7]サウスパーク/無修正映画版/South Park: Bigger, Louder And Uncut (1999)
[8]Mr.インクレディブルThe Incredibles (2004)
[9]戦場でワルツを/Waltz With Bashir (2008)
[10]ジャングル・ブック/The Jungle Book (1967)

- 参考 -
http://www.totalfilm.com/features/50-greatest-animated-movies/
http://gigazine.net/news/20111109_50_greatest_animation_movies/



見逃していた作品がかなーりあったので、
これでしばらくはレンタル屋さんへ行っても、悩まずに済みそう。

ちなみに、ジャーマネはサッカーが好きなので、
ロンドン五輪は時差覚悟でサムライとナデシコを応援したいと思っています。

ではでは。

映画音楽・主題歌(邦画アニメ編)- 元映画館マネージャーのお気に入り10

赤いランドセルの小学生を最近見ない、元映画館マネージャーです。
こんにちは。

黄色い通学帽子で散ってゆく桜の花びらをキャッチしながら
登下校していたウン十年前を思い出します。
楽しかったなー、あの頃。

さて、以前に「映画音楽 主題歌(邦画実写編)- 元映画館マネージャーのお気に入り15」をご紹介しましたが、
今回は、邦画アニメ編として10作品を集めてみました。
年代がバラバラなのはご容赦ください。

<掲載例>
映画名
◇「曲名」アーティスト名
-映画公開日

魔女の宅急便
「やさしさに包まれたなら」荒井由実
-1989/7/29
OPテーマの「ルージュの伝言」もユーミンさんの曲で、いずれもリリースは1970年代ですね。
名曲は時代を超えるなー
ちなみに、キキが居候するオソノさんの「グーチョキパン店」と同じ名前のパン屋さんが埼玉県草加市にあります。

--------------------------------------------------
あらしのよるに
「スター」aiko
-2005/12/10
最近、アニメ化もされた絵本が原作の作品です。
aikoさんの曲が映画に起用されるのは、こちらが2曲目でした。
意外と少ないかも?

--------------------------------------------------
時をかける少女
「ガーネット」奥華子
-2006/7/15
多くのCMソングを手かげることで有名な奥さんですが、
「ガーネット」も一度聴いたら忘れられないメロディーになっています。
「時かけ」ブームも、またいつか“廻ってくる”はず。

--------------------------------------------------
劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY
「千の夜をこえて」AquaTimez
-2006/12/16
同じ年のアニメ作品で『ブレイブ・ストーリー』の主題歌「決意の朝に」もヒットして、AquaTimezな年でしたね。
ジャーマネになってから「劇場版ホニャララ~」など、アニメ系作品と触れる機会が増えましたが、
原作を知らなくても、十分楽しめる内容に驚いたものでした。大人も意外とホロリさせられたり。

--------------------------------------------------
鉄コン筋クリート
「或る街の群青」ASIAN KUNG-FU GENERATION
-2006/12/23
主人公の少年、クロとシロの声を二宮和也さんと蒼井優さんが担当することで話題になりました。
「ソコカラ、ナニガ、ミエル?」という歌詞をはじめ、映画と音楽がとてもリンクしている作品です。

--------------------------------------------------
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
「Beautiful World」宇多田ヒカル
-2007/9/1
エヴァの世界観と宇多田ヒカルさんの声がこんなにも共鳴するとは・・・鳥肌ものでした。
本編はもちろんのこと、予告がカッコよかったんですよ、コレ。

--------------------------------------------------
劇場版ポケットモンスターダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束シェイミ
「ONE」Crystal Kay
-2008/7/19
声優陣に旬な芸能人やよく知られたアーティストを起用するのも毎年恒例になってきましたね。
ちなみにダイヤモンド&パール作品から劇場でのワイヤレス配信が始まって、スタッフ一同てんやわんやでした。
ポケモン様様な夏を思い出します・・・

--------------------------------------------------
サマーウォーズ
「僕らの夏の夢」山下達郎
-2009/8/1
夏といえば、ここ数年必ずリピートしている作品が『サマーウォーズ』です。
ぜひ一度、上田市へ行ってみたい。
上田電鉄別所線にも乗ってみたい。

--------------------------------------------------
ONE PIECE FILM STRONG WORLD
「fanfare」Mr.Children
-2009/12/12
劇場版第10作目であり、アニメ放送10周年記念として、原作者・尾田栄一郎さんが
初の描き下ろし製作総指揮を務めたという素晴らしくアニバーサリーな1本でした。
ところで、ニコ・ロビンが30歳って、ホントですか?

--------------------------------------------------
カラフル-Colorful-
「青空」miwa
-2010/8/21
EDテーマが「青空」。イメージソングは、尾崎豊さんの「僕が僕であるために」で、
いずれもシンガーソングライターのmiwaさんがカバーしています。
THE BLUE HEARTSの曲を女性が歌うってのは、けっこうイイですね。



どのような経緯でアーティストや曲が起用されるのか、詳しく存じ上げませんが、
主題歌やエンディングテーマを決めるのって超重要任務ですよね、きっと。

映画音楽は作品と一心同体。
エンドロールの最後の最後まで楽しみたいと思うジャーマネなのでした。

ではでは。
ごあいさつ

ジャーマネ

はじめまして。
元映画館マネージャーのジャーマネです。映画は【最高最強のエンタテインメント】だと思っとります。
当ブログでは、映画作品や映画館にまつわることとか、そーでないなこともマッタリ、ザックリblogっていきます。

最新の記事
カテゴリー
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。