スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜ソング お花見・お散歩で聴きたい「さくらの曲」2014

この春、大学院を修了した元映画館マネージャーです。
こんにちは。

さて、桜の季節ですね。
3月末から4月上旬は桜前線が関東近郊を北上していきます。

ジャーマネは桜並木の下をお散歩するのが好きです。
花粉に打ちのめされながらも、日本人でよかったなぁと思います。

というわけで、最近よく聴く「サクラソング」をご紹介したいと思います。
近年リリースされた楽曲を中心に全7曲です。



■サクラミツツキ/SPYAIR
 ・2013年3月13日
 ・Sony Music Associated Records
 ・アニメ『銀魂』第5期OP
 ・「ささやかな笑顔も些細な言い合いも どれだけ僕を強くさせただろう」
 ・銀さぁぁぁん!ってなる
 ・SPYAIR公式WEBサイト


■桜のあと (all quartets lead to the?)/UNISON SQUARE GARDEN
 ・2013年11月6日
 ・トイズファクトリー
 ・アニメ『夜桜四重奏 ?ハナノウタ?』OP
 ・「拾い集めた後悔のかけらたちを夜が明ける前に ラベルを貼って並べてって 希望に変える準備を継続中」
 ・桜新町附近ですと呑川緑道の桜並木がよさげです
 ・YouTube公式(ショートver.聴けます)


■桜color/GReeeeN
 ・2013年2月27日
 ・NAYUTAWAVE RECORDS
 ・AOKI『スーツのAOKI』CMソング
 ・「桜coclor まだ見ぬ日々を照らすから見つけに行こう 僕らなら何年先も笑い合えるさぁもう行こう」
 ・GReeeeN公式WEBサイト


■桜流し/宇多田ヒカル
 ・2012年11月17日
 ・EMIミュージック・ジャパン
 ・『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』主題歌
 ・新作が待ち遠しいです。
 ・YouTube公式(ショートver.聴けます)


■sakura/nirgilis
 ・2006年3月1日
 ・DefSTAR RECORDS
 ・『交響詩篇エウレカセブン』第4期OP
 ・エウレカぁぁぁってなる


■さくら/ケツメイシ
 ・2005年2月16日
 ・トイズファクトリー
 ・「花びら舞い散る 記憶舞い戻る」
 ・毎年聴いてます


■CHERRY BLOSSOM/10-FEET
 ・10年くらい前?
 ・「さくら舞う さくらが咲く 過去は現在(いま)のために さくら舞う さくらが咲く 今日は明日のために」
 ・友人からすすめられたALBUM『springman』に入ってた。名曲だと思う。



以上です。
(選曲のジャンルが偏っているのは、ご容赦ください)

あと、桜の歌ではありませんが、最近グッときた曲がコチラ↓
■友~旅立ちの時~/ゆず
 ・2013年9月18日
  ・トイズファクトリー
 ・第80回NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲
 ・離れ離れになる学友に贈りたい
 ・YouTube公式(フルver.聴けます)


春の訪れが新しい生活をはじめる方々にとって、
実り多きものになりますようお祈りしております。

ではでは。
スポンサーサイト

映画感想ログ『永遠の0(ゼロ)』

おじいちゃん会いたい度:★★★★★
戦争ドラマ?家族ドラマ?度:★★★★★
原作は読んでほしい度:★★★★★
-------------------------------------------------------------------------------
○監督:山崎貴
○脚本:山崎貴、林民夫
○出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、染谷将太、田中泯、橋爪功
○配給:東宝
○原作:永遠の0/百田尚樹
-------------------------------------------------------------------------------
2014年、1本目の元旦シネマでした。

3年ほど前に原作を読んでおり、けっこう好きな作品だったので
映画化についてはハードル高いなぁーと思っていました。

が!

キャスティングがバッチリで、見ごたえは十分。
特に田中さん、橋爪さんらベテラン俳優陣が良かったですね。

原作と比べ物足りない部分もありましたが、
あの時代に生きた人々の苦しみ、切なさ、危うさなどが伝わってくると思います。

ジャーマネは祖父に会ったことがありません。
もし、今生きていたら、当時のことを聞いてみたかったです。

なかなか「戦争」や「平和」について、人と意見を交える機会はありませんが、
こういう作品をきっかけにどんな認識や考えがあるのか語ってみたい気もします。

それに、平和ボケと正月ボケしている頭には、ちょーどよいタイミングだったかも。
(マミさんのニューイヤーカード欲しさに気持ちが揺らいだなんて言えない・・・)


ちなみに、原作の「永遠の0」を未読の方でもストーリーは把握できると思いますが、
小説のほうがもっと主人公・宮部さんの深い描写があるのでオススメしたいです。

2014年も良い作品にたくさん出逢えますよーに。
ではでは。

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

南極料理人 | スターライトシネマ2013@恵比寿ガーデンプレイス

夏はエヴァの復習をする派の元映画館マネージャーです。
こんにちは。


今年初のスターライトシネマは8月4日の『南極料理人』でした。
いい塩梅のオジサンたちがたーくさん出てきます。
皆さまおひげがボーボー


混雑具合は“やや混雑”という感じでした。
20130804_starlightcinema_01


指定席はもちろん埋まっており、外にもお客様は溢れておりましたが、
昨年の『ディープ・ブルー』ほどではありません。

スターライトシネマ2013@恵比寿ガーデンプレイス

実は大学院生になっていた元映画館マネージャーです。
こんばんは。

さて、タイトル通り今年もスターライトシネマの季節がやって来ましたね!

本年もラインナップは充実です。
公式情報はコチラ↓
スターライトシネマ2013開催のお知らせ


ジャーマネ的に観たい作品は・・・

7/21(日) ぼくたちと駐在さんの700日戦争
8/11(日) ライフ・イズ・ビューティフル

『ぼくちゅう』は2008年に公開された映画ですが、FUNKY MONKEY BABYSの主題歌「旅立ち」は今も好きです。
今思い返すと俳優陣も豪華ですね~


『ライフ・イズ・ビューティフル』はスクリーンで観たことがないのでぜひ行きたい。
ボンジョールノ、お姫さま!


ご参考までに昨年とおととしにジャーマネが鑑賞したスターライトシネマの記事を。
混雑具合も少しわかるかな↓

ディープ・ブルー | スターライトシネマ2012@恵比寿ガーデンプレイス

あの夏、いちばん静かな海。 | スターライトシネマ2012@恵比寿ガーデンプレイス

かもめ食堂 | スターライトシネマ2011@恵比寿ガーデンプレイス

スウィングガールズ | スターライトシネマ2011@恵比寿ガーデンプレイス

ちなみに、
8/4(日)の南極料理人は、空腹で行くとガマンできないかも。
伊勢海老のアレですよ、アレ。

夏の暑い夜に南極の風景は涼しげかもですね。

ではでは。

ジブリ作品 原題→米題(英語タイトル)

シャイニーアオレンか。
りんごジュースで悩む元映画館マネージャーです。
こんにちは。

シネコン勤務時代、年間スケジュールやティザー広告などを目にする機会が多かったためか、
退職してから「原題が気になる病」にかかりました。

配給は決まっていても、しばらく邦題が未定のままだと原題で記憶するため、
いつの間にか見慣れないタイトルに変更されて「何だっけ?この作品・・・」となることもありました。

邦題の文字面や響きって、大切だと思います。
ポスターやチラシの見映えも変わりますし。

タイトルを決めたり、宣材をデザインすることは
作品のイメージを伝える大切なお仕事ですよね。

どんな人がどうやって、タイトル決めるのかなぁ。
ジャーマネにとって、映画の宣伝業務は憧れるお仕事のひとつです。

で、最近気になった邦題としては、『最強のふたり』や『崖っぷちの男』です。
人それぞれ受け止め方はあると思うのだけど、個人的には惜しい感じがしました。

あと、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』は、インパクトがありましたね。

ただ、うろ覚えで窓口に来るお客様や、
館内アナウンスの時「長っ!」って思ったスタッフさんもいたのではないでしょうか。

・・・

前置きがダラダラと長くなってしまい、恐縮です。

そんなわけで(?)日本生まれの作品が海外でどんなタイトルになっているのかなー
と思い調べてみました。

今回はジブリ作品をピックアップしています。
アメリカAmazonでヒットする作品名を参考にしています。


風の谷のナウシカ = Nausicaa of the Valley of the Wind

天空の城ラピュタ = Castle in the Sky

となりのトトロ = My Neighbour Totoro

火垂るの墓 = Grave of the Fireflies

魔女の宅急便 = Kiki's Delivery Service

おもひでぽろぽろ = Only Yesterday

紅の豚 = Porco Rosso
※Rossoはイタリア語で「赤」

平成狸合戦ぽんぽこ = Pom Poko

耳をすませば = Whisper of the Heart
※耳をすませば「心のささやき」が聴こえるという意味合いかしら?

もののけ姫 = Princess Mononoke

ホーホケキョ となりの山田くん = My Neighbors the Yamadas

千と千尋の神隠し = Spirited Away

猫の恩返し = The Cat Returns

ハウルの動く城 = Howl's Moving Castle

ゲド戦記 = Tales From Earthsea

崖の上のポニョ = Ponyo

借りぐらしのアリエッティ= The Secret World of Arrietty

コクリコ坂から = From Up on Poppy Hill
※フランス語coquelicot→ひなげし


直訳なタイトルが多いようですね。
特にオモシロ・オカシイのもあまりなく・・・

『おもひでぽろぽろ』だけ解釈がわからなかったので
ネイティブの方、詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。

ちなみに、ご存知の方も多いと思いますが、
「スタジオジブリ」の外語綴りは「SUTDIO GHIBLI」ですよね。

WEBサイトのドメインも http://www.ghibli.jp/ ですし。
本来の発音も「ギブリ」のほうが正しいそうですが、
日本では「ジブリ」で定着しています。

なお、ジブリ(ギブリ)の由来は

ジブリの綴りは「GHIBLI」、サハラ砂漠に吹く熱風を意味するイタリア語です。第2次世界大戦中に使用されたイタリアの軍用偵察機の名前でもあり、飛行機マニアの宮崎監督が命名しました。日本のアニメーション界に熱風を起こそうという思いを込めたネーミングだそうです。
http://www.ghibli.jp/40qa/000002.html

あらためて、なるほど~

今年の夏は『風立ちぬ』、秋には『かぐや姫の物語』の公開がありますね。
楽しみです。

ではでは。
ごあいさつ

ジャーマネ

はじめまして。
元映画館マネージャーのジャーマネです。映画は【最高最強のエンタテインメント】だと思っとります。
当ブログでは、映画作品や映画館にまつわることとか、そーでないなこともマッタリ、ザックリblogっていきます。

最新の記事
カテゴリー
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。